県内ニュース

つばさ停電、信号故障で3時間超足止め 山形駅など、1900人に影響

2019年04月26日 08:13
運転を見合わせ、ホームに停車したままの山形新幹線つばさ(左)と在来線車両=25日午後0時17分、JR奥羽本線漆山駅
 大型連休直前の25日、山形新幹線つばさなどJR奥羽本線で、大規模なダイヤの乱れが発生した。山形市内のJR奥羽本線漆山駅で同日午前、信号機が故障。つばさは運転を見合わせ、山形、漆山、天童の各駅で3時間以上足止めされ、約1900人の乗客に影響が出た。

 JR東日本山形支店などによると、同日午前9時10分ごろ、山形市の山形新幹線車両センター内にある架線に電力を供給する設備に過剰な電流が流れた。漏電の恐れもあるため、電気が遮断され停電。漆山駅構内の信号機の制御装置も過剰電流の影響で故障した。木の枝か、動物などが接触したことが過剰電流の原因とみられるが、特定はできていないという。

 足止めされたつばさの乗客はJRが用意した代替バスに乗り換えるなどした。天童駅では、山形新幹線と上越新幹線を乗り継いで新潟県南魚沼市の長女家族宅に向かう途中だった天童市道満、鈴木敬子さん(71)が「長女が歓送迎会のため、双子の孫の世話をしに行くところ。山形駅行きの代行バスは行ってしまったし…」と話し、夫と連絡を取っていた。

代行バスに乗り換える乗客=25日午後0時14分、天童市・JR天童駅前
 山形駅も運転再開を待つ人などで混み合い、仕事で来県していた埼玉県川越市、建築作業員佐藤正さん(66)は「大宮駅まで帰るところだった。もっと遅れたら困るところだったが、動き出して良かった」と話し、ホームに向かった。

 つばさは上下5本が山形―新庄、東京―天童で区間運休し、普通列車を含む上下6本が最大3時間16分遅れた。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から