県内ニュース

川西の古民家でロケ撮影 瞽女・小林ハルさんの半生を描いた映画

2019年04月26日 12:38
かつて瞽女宿として使われていた土礼味庵で映画「瞽女GOZE」の撮影が行われた=川西町
 最後の瞽女(ごぜ)といわれた小林ハルさん(1900~2005年)の半生を描いた映画「瞽女GOZE」の撮影が25日、かつて瞽女宿として使われていた川西町朴沢の古民家「土礼味庵(どれみあん)」で行われた。ハルさんの生誕120年にあたる2020年の公開を予定している。

 瞽女とは新潟周辺を拠点に三味線の弾き語りや唄を披露しながら各地を回った目の不自由な女性旅芸人。ハルさんは新潟県三条市に生まれ、生後100日で視力を失う。映画は瞽女として自立し、社会と共生できるよう厳しくしつけた母や親方の指導を乗り越え、名人となったハルさんのヒューマンストーリーだ。

 土礼味庵ではハルさん最後の弟子・萱森直子さんを招いて毎年瞽女唄の公演会を開いており、萱森さんの紹介でロケ地の一つに選ばれた。この日は集まった村人の前で瞽女唄を披露するシーンを撮影。ハル役の吉本実憂さん、サワ親方を演じる小林綾子さん、瞽女宿主人の寺田農さんのほか、地元住民ら約20人もエキストラで参加した。

 時には非情な扱いをされることもあった瞽女だが、「山形では峠を越えてやって来る瞽女は喜ばれ、大事にされたと聞く。そんな山形でも撮影したかった」と瀧沢正治監督。萱森さんは「『商売するなら新潟、いい旅させてもらうのは米沢行き』と本人が言っていた。それだけ山形の旅は温かく、ありがたかったんだろう」と話す。ハルさんの生き様に感動して映画化にこぎつけた瀧沢監督は「懸命に生きた瞽女の姿だけでなく、母と子の愛情ドラマ、慈愛を大切にした映画になると思う」と話した。

 本県では秋にも峠越えのシーンを撮影する予定という。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から