県内ニュース

世界の寄せ木細工200点展示 鶴岡、体験会も

2019年05月14日 11:42
高さ約1.8メートルのライティング・ビューローなど、金子皓彦さん(左)が収集した寄せ木細工を紹介している=鶴岡市・致道博物館
 世界各国の寄せ木細工を紹介する「世界のYOSEGI―金子皓彦(てるひこ) 寄木細工コレクション」が鶴岡市の致道博物館で開かれている。椅子やライティング・ビューロー(書き物机)など、さまざまな木片を組み合わせて作られた表情豊かな作品が来場者を魅了している。6月16日まで。

 金子皓彦さん(77)=神奈川県大和市=は国学院大考古学資料室学芸員などを歴任し、現在は日本輸出工芸研究会長を務める。

 今回は金子さんが所蔵する約200点を展示。麻の葉など約20種類の寄せ木文様が施されたライティング・ビューローは高さが約1.8メートルもあり、国内で作られた作品の中で最大級とされる。キリスト教会でざんげする際に使われたという2人掛けの椅子、開けるまでのからくりを楽しむ「秘密箱」など、技巧の光る作品が目を引く。

 金子さんは「世界各国を訪ねて見つけた作品たち。どのような人が制作し使ってきたのか、歴史に思いをはせながら楽しんでほしい」と話した。

 寄せ木細工を用いたコースター作りの体験会も開かれる。18日午前10時と午後2時、19日午前10時の計3回で、定員は各回20人。金子さんの記念講演会は19日午後2時から、ギャラリートークは最終日午後2時から。いずれも予約が必要で、問い合わせは同館0235(22)1199。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から