県内ニュース

文芸評論家の加藤典洋さん死去 71歳、山形市出身

2019年05月20日 17:34
 「敗戦後論」などの著作で戦後日本の本質を問い続けた文芸評論家の加藤典洋さんが16日、肺炎のため東京都内の病院で死去した。71歳。山形市出身。

「勉強家」「信念貫いた」県内の関係者
 加藤さんの突然の訃報に県内の関係者は驚き、「信念の人」の生きざまに思いをはせた。

 山形東高時代の同期生、遠藤直幸山辺町長は「大変ショックで残念。地元に戻ってきた時は酒を酌み交わしながら、戦後日本の在り方について話をした。勉強家で分析能力にたけ、人に対する思いやりの心を持っていた。もっと活躍する姿を見たかった」と惜しんだ。「高校時代から斜めにものを見ていた」と同じく同期の日野雅夫元副知事。文芸部で小説を書いていたことを覚えているとし「当時は山形を嫌いだと言っていた。最近は里心がついたのか、幼いころの思い出を懐かしむような文章が印象的だ」と話した。

 元山形新聞記者でボーイスカウト県連盟理事長などを務めた兄の加藤光洋さん(74)は、体調を壊しながらも最後の著作「9条入門」の執筆を続けていたと明かし「何があっても信念を貫くのが、弟の生き方なんだなと改めて感じた」と誇らしげに語った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から