県内ニュース

軽トラ事故は危険3倍 県警・農繁期の安全運転呼び掛け

2019年05月23日 07:53
農繁期を迎え、軽トラックなど軽貨物車運転時の注意が求められている=2018年7月、上山市
 軽トラックなど軽貨物車の乗車時に事故が起きた際、死亡したり重傷を負ったりする危険性が乗用車の約3倍に上ることが、県警のまとめで分かった。農繁期を迎えた県内は、作業に合わせて軽貨物車の往来が活発化するシーズン。県警はシートベルトの着用をはじめ、運転時の十分な注意を呼び掛けている。

 県警交通企画課によると、2014~18年の過去5年間で軽貨物車乗車時の事故の死者は22人、重傷者が223人、軽傷者は2322人。死亡・重傷率は9.5%で、乗用車の死亡・重傷率3.5%に比べ、重大事故につながりやすい状況にある。軽貨物車の死亡・重傷者のうち、60歳以上が約8割に上った。

 県内では昨年5~7月、軽トラックを運転中の重大事故が相次いだ。酒田市で70代男性が農道から川に転落して死亡。上山市でも、70代男性が農道脇ののり面に転落して犠牲となった。庄内町では、交差点で軽トラックとワンボックスカーが出合い頭に衝突し、軽トラックの70代男性が亡くなった。

 同課は、軽貨物車による死亡・重傷事故の形態として、▽出合い頭▽車両単独▽正面衝突―が多いと指摘する。軽トラックはボンネットがないため、運転者らへの直接的な衝撃が強い。衝突の影響で、ハンドルが腹部を圧迫するなどの危険性もある。

 軽貨物車による事故は、農道などの非市街地での発生が約7割となっていることも特徴の一つ。農作業が本格化するこれからの時季は、作業前後の運転にも注意が必要となる。同課は、昨年発生した軽トラックの死亡事故にはシートベルト未着用だったケースもあったとした上で、「事故はいつ起きるか分からない。近場であろうと、気を緩めないでほしい」としている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から