県内ニュース

砲弾積載トラックが転落・鶴岡 陸自駐屯地搬送予定、10トン「安全性確保」

2019年05月26日 09:54
砲弾を積んだ大型トラックが約5メートル下の海岸に転落した現場=25日午後1時56分、鶴岡市小波渡
 25日午前9時20分ごろ、鶴岡市小波渡の国道7号で、北海道の陸上自衛隊白老駐屯地に搬送予定の砲弾約10トンを積んだ民間運送会社の大型トラックが、右折しようと停止していた乗用車に追突した後、左側のガードレールを突き破り、約5メートル下の海岸に転落した。陸上幕僚監部広報室によると、砲弾は「(起爆装置の)信管が抜かれた状態で安全性は確保されている」としている。26日未明に砲弾の回収作業を行う予定。

 鶴岡市は事故を受け、25日午前10時ごろに現場から半径50メートル圏内の約20世帯に対し、外出を控えるよう通知。約3時間40分後の午後1時40分に解除した。

 鶴岡署と鶴岡市消防本部などによると、トラックを運転していた男性(25)と同乗の男性(44)は、口の中を切るなどの軽傷。乗用車を運転していた男性にけがはなかった。現場は見通しの良い片側一車線の道路。一帯は午前10時すぎから全面通行止めとなり、約3時間15分後に規制が解除された。

 陸幕広報室は、砲弾の種類を明らかにしていない。砲弾内には着弾した際に爆発する火薬が装填(てん)されているものの、信管が抜かれており、安全性は保たれているという。砲弾を発射させるための火薬の部分とは分離したタイプのため、衝撃などで誤発射する危険性もないとしている。運搬を民間業者に依頼することは通常からあることという。

 砲弾は広島県内の民間企業の工場で製造され、トラックは24日に現地を出発。北海道白老町の白老駐屯地白老弾薬支処に搬送する予定だった。

 積み荷の砲弾は付近に散乱はしておらず、転落したトラックの荷室内にとどまった状態とみられる。陸自第6師団司令部広報室によると、砲弾の積み替え作業は役務契約に基づいて業者側が行い、第6師団側が現場に立ち会って監督する。

 砲弾の回収やトラックの引き上げなどの作業は、26日午前0時ごろから同8時ごろまで、現場一帯を通行止めにして行う。

もし爆発したら…住民不安、広がる
 陸上自衛隊の砲弾を積んだトラックが鶴岡市の海岸に転落した事故の現場は、衝突音を聞き付けて集まった地元住民らで一時騒然となった。さらに、積み荷が砲弾と分かり、不安が広がった。

 事故当時、現場近くの自宅にいたという漁師今野正伸さん(69)は、ガシャーンという大きな音を聞き、すぐに現場に駆け付けた。「荷室に砲弾が積んであるとは思わず、現場に近づいた」と話す。その後、積み荷が砲弾であると知らされ、「何事もなく安心したが、もし爆発していたら大変なことになっていた」。

 車を運転中、事故を目撃した市内の60代女性は、追突された車について「(いったん)右折しようとし、(対向車との)タイミングが合わずにブレーキを踏んだように見えた」とし、その後、追突したという。女性は「一瞬の出来事だった」と事故を振り返った。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から