県内ニュース

モンテ再奪首、耐えしのぎ勝ち点3 鹿児島に1-0

2019年06月03日 07:44
〈山形―鹿児島〉前半6分、山形のFWジェフェルソン・バイアーノ(右)がヘディングシュートを決める=天童市・NDソフトスタジアム山形
 サッカーJ2は第16節最終日の2日、各地で7試合が行われた。モンテディオ山形は天童市のNDソフトスタジアム山形で鹿児島と対戦し、1―0で3試合ぶりに勝利した。引き分けを挟んで6戦負けなし。通算成績は9勝5分け2敗とし、第14節以来の首位に立った。

 山形はMF柳貴博が今季初先発した。前半6分、右サイドで得たFKにFWジェフェルソン・バイアーノが頭で合わせ、前半を1―0で折り返した。後半はピンチが多かったものの、GK櫛引政敏の好セーブなどで逃げ切った。

 このほか、京都は4―1で東京Vに快勝し、勝ち点29で4位。大宮は福岡と引き分けて5位に後退し、千葉に勝った長崎が6位につけた。

 山形は次節の8日、甲府市の山梨中銀スタジアムで3位の甲府と戦う。

 【評】山形は試合立ち上がりの得点で逃げ切った。前半6分にFWバイアーノが相手マークを振り切り、FKに頭で合わせた。先制後は攻撃に人数を集める相手にボールを保持され、優位に立たれた。ほぼ2倍のシュートを浴びたが、GK櫛引やDF陣が体を張って防いだ。

【青炎】窮地の連続、1点死守
 開始早々に幸先よく先制点を奪ったが、甘くはなかった。攻撃的布陣の相手に押される時間が長かった。ゴールを割られてもおかしくない場面を耐えしのぎ、つかんだ薄氷の勝利。決勝点を挙げたFWジェフェルソン・バイアーノは「厳しいゲームの勝ち点3を評価したい」と前向きな言葉で締めた。

 今季最も早い時間帯での先制は前半6分。右サイドでバイアーノが倒され、FKを得た。キッカーのMF中村駿が蹴る直前、バイアーノが前に走り込むように見せかけて一度止まり、マークの隙をつくった。「GKの位置と逆を狙えた」と頭一つ速く跳び、狙い澄ました今季5得点目を奪った。

 先行したが、その後は苦しかった。「(チームの)重心が後ろになってしまった」と木山隆之(たかし)監督。両サイドバックが最前線をうかがう相手に前進を許し、引いた展開が続く。自陣深くまで切り込まれ、危うい場面は重なったが、GK櫛引政敏ら守備陣が奮闘した。後半38分にはDF熊本雄太がゴール前で体を投げ出してシュートを止め、こぼれ球には櫛引が鋭く反応。盤石には程遠かったが、今季7度目の完封勝利を手にした。

 チーム全体の課題としたカウンターへの意識は強くなったが、かみ合わずにボールを失う回数は多かった。鹿児島のように攻撃時に人数を掛けるチームとの対戦では有効な手段で、指揮官は「質を上げる必要はある。今は発展途上」と今後のレベルアップに期待。セットプレー以外の得点力アップを期し、6月の上位対決4連戦に臨む。

守る意識が出てしまった
 木山隆之監督の話 鹿児島はボールを動かすことがうまいと認識し、我慢することは考えていた。立ち上がりに点が入り、ここ2試合勝てていなかったため、しっかりと守る意識が出てしまった。勝ち点3を取ることは大事。前節は勝ち点1だったので満足感はある。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から