県内ニュース

冷やしシャンプー始めました 県内300店舗、近年は女性ファンも

2019年06月19日 11:51
暑い夏にはうってつけ。清涼感が魅力の冷やしシャンプー=東根市・ミヨシ理容室
 本県発祥「冷やしシャンプー」の今季のサービスが18日、県内の約300店舗で本格的に始まった。冷たい肉そば、冷やしラーメンに続く山形の「冷やし文化」として全国的に知名度を上げており、近年は女性のファンも増えているという。

 冷やしシャンプーはメントール系のシャンプーを冷やして使う夏季限定のサービス。県理容生活衛生同業組合講師会有志でつくる県冷やしシャンプー推進協議会(植松行雄代表)が発案した。月山自然水と県産サクランボエキスを使用したシャンプー(1080円)トリートメント(1620円)を商品化するなど、2004年から普及活動を展開。ことしはトリートメントのお試しパック(108円)を新たに売り出している。

 協議会のメンバーに対し、米アカデミー賞外国語映画賞に輝いた映画「おくりびと」の脚本を手掛けた東北芸術工科大(山形市)企画構想学科前学科長の小山薫堂さんが直々に「ひやしびと」と命名。冷やしシャンプーをイメージしたカクテルづくりを老舗バーに依頼するなど、活動の場所は理容室にとどまらない。

 近年はヘッドスパ感覚で女性の利用が増えている。商品は全国の理容室から引き合いがあるといい、植松代表は「手弁当で活動してきたが、ようやく全国に広まってうれしい」と手応えを語る。

 植松代表が経営する東根市のミヨシ理容室では、シャンプーをカクテルシェーカーに入れるなどの演出を準備。早速、ファンがひんやりとした感覚を満喫していた。実施店は「頭髪(18)の日」の18日から「冷やしシャンプー始めました」と記した青いのぼりを掲げ、9月中旬までサービスを提供することにしている。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から