県内ニュース

酒田の中学教諭、飲酒運転疑い 20代男性、市教委が陳謝

2019年06月24日 07:52
中学校教諭の摘発を受け、記者会見で陳謝する村上幸太郎酒田市教育長(右から2人目)=酒田市役所
 酒田市内の中学校に勤務する20代の男性教諭が道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで県警に摘発されたとして、酒田市教育委員会は23日、市役所で記者会見を開き、概要を説明して陳謝した。

 市教委によると、教諭は学年行事の慰労会として、21日午後6時半ごろから、同僚の教諭と5人で市内の飲食店で飲酒した。同11時半ごろまで計2店舗で、ビールを中ジョッキで2杯とグラスで3杯、日本酒1合、ハイボール1杯を飲んだ。店を出て同僚と別れた後、同市本町のコンビニエンスストア駐車場に止めた自家用車内で仮眠を取ったという。

 翌22日午前5時半ごろに目を覚まし、市内の自宅へ帰ろうと車で駐車場を出て、近くで信号待ちをしていたところ、後続の警察官に呼び止められた。飲酒検知で、呼気から摘発基準(呼気1リットル当たり0.15ミリグラム)を超えるアルコールが検出された。市教委の聞き取りに対し「アルコールが抜けていると思った」などと話している。

 23日、村上幸太郎教育長らが市役所で記者会見を行い「交通安全を率先垂範すべき教員がこのような事案を起こし、誠に遺憾だ。生徒や保護者に多大な迷惑と心配を掛け、深くおわびしたい」と陳謝した。飲酒の実態を把握するチェックシートの活用や酒席ごとに管理職などが帰宅手段を確認するといった具体的な対策を図りたいとしている。

 24日に市内小中学校の臨時校長会を開き、教職員の交通違反・事故の根絶へ指導の徹底を求める。教諭は自宅謹慎とし、今後県教委が処分を検討する。

関連記事

by weblio


おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から