県内ニュース

「しっとり感」の仕組み解明 山形大・野々村教授ら、水分量よりも…「摩擦」急降下が鍵

2019年07月11日 10:34
「しっとり感」の科学的解明に使われた独自開発の摩擦評価装置=米沢市・山形大工学部
 物に触れた際の「しっとり」という感覚について、山形大工学部の野々村美宗(よしむね)教授(50)らが物理的な仕組みを解き明かし、研究成果をまとめた論文が10日、英国の科学雑誌に掲載された。水分量が“肝”とされてきたが、ポイントは「摩擦力」。野々村教授によると、「最初に一気に高まり、すぐに下がる力学的な刺激がしっとり感の『ある、なし』につながる」という。

 「しっとり感」について辞書では「適度に水分を含んでいる様」などとされている。水分を含まない粉末や布に触れた時でも「しっとり」を使う場合があり、一般的な表現として定着しているが、実際には「どんなメカニズムで喚起される感覚なのか分からなかった」(野々村教授)という。

 野々村教授ら研究グループは人が物質に触れた時の動きを模した独自の摩擦評価装置を開発し、指先に加わる力学的刺激を計測した。その結果、物に触れた瞬間に感じる大きな摩擦力と、その刺激が一気に下がり、抵抗が小さくなる落差のある感覚の組み合わせが「しっとり感」となって脳に伝わることを突き止めた。物質の素材や組織の構成などによって感覚の「ある、なし」は決まるという。

 野々村教授は「こうした感覚は日本人独特で、英語などには同様の言葉がない」と指摘し、「海外の化粧品業界では日本に倣い、この概念を商品開発に取り入れる動きが広まっている」と話す。

 論文は英語表記で、「しっとり」は「shittori」と表現した。今回の研究で「もっと、しっとりした」や「しっとりを抑えた」などの要素を反映した商品を開発する場合、明確な尺度で表現する道筋が開けたという。感覚を数値化するなどし、化粧品や着心地がいい衣類、高級感がある自動車のインテリアなど幅広い商品に応用が期待される。

 野々村教授は「今後は『ぬくもり感』や『さらさら感』などのメカニズムを解明していきたい」と意気込んでいる。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から