県内ニュース

48校の熱戦スタート 全国高校野球山形大会

2019年07月11日 22:05
PR
 第101回全国高校野球選手権山形大会は11日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で開会式を行い、新元号「令和」初となる甲子園の出場権を懸けた、48校による熱戦が幕を開けた。開幕試合の1回戦は米沢中央が23-0の五回コールドで北村山に勝利した。

 米中央は初回に敵失からの3連打で3点を先制した。以降も好機に適時打を畳み掛けて加点し、五回には打者一巡の猛攻で一挙9点を奪った。

 開会式では前回大会優勝の羽黒を先頭に入場行進。先導役を鶴岡南の女子部員・屶網(なたあみ)怜奈選手が務め、鈴木愛理さん(米中央)と下山愛佳さん(新庄南)がチームを紹介した。司会進行を堀汐音さん(東海大山形)が担い、国旗掲揚の際には桜井紗花さん(山形北)が「君が代」を独唱した。優勝旗と準優勝杯の返還に続き、大会会長の大沼敏美県高校野球連盟会長が「結果だけでなく、野球に向き合う姿勢や態度も大切にし、試合を通じてたくましく成長する姿を見せてほしい」とあいさつ。山形東の鈴木康平主将が力強く選手宣誓した。

 第2日の12日は荘銀・日新スタジアムを含む4会場で1回戦8試合を行う。同日は天候不良が予想され、全会場の試合時刻は通常より2時間半遅れで開始する。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から