県内ニュース

元気なあつみ温泉、復興PR 旬の味覚提供、イベントも

2019年07月12日 08:32
提供を始めたイワガキ。地元産の食材を活用するなどし、温泉街の復興をアピールしている=鶴岡市の足湯カフェ・チットモッシェ
 本県沖を震源とする地震の発生を受け、一時旅館が営業を休止していた鶴岡市のあつみ温泉で、元気な温泉街をPRする取り組みが進んでいる。旬の地元産食材を使った味覚の提供や、夏ならではのイベントを企画。地域挙げて復興をアピールしている。

 同温泉の足湯カフェ・チットモッシェでは、地元産のイワガキ(2個で864円、ただしサイズによって価格や個数に変動あり)や庄内砂丘メロンをふんだんに使ったかき氷(1058円)の提供を始めた。

 13~15日まで特別イベント「ふだんぎ、ゆかた。」を開催する。温泉旅館の若手経営者らで組織するあつみ温泉魅力づくり推進委員会「若手の会」が企画。浴衣を着て温泉街を歩くと地酒の試飲などの特典を楽しめるほか、浴衣に合う小物のクラフト体験プログラムなども用意している。浴衣はレンタルも行っており、着付けは無料。

 カフェを運営する一般社団法人まちづくりチームYUKAIの五十嵐公行会長(59)は「温泉街が元気な様子をどんどん発信していく」。「若手の会」メンバーの榎本幸作さん(51)は「イベントを通して、温泉街の様子を肌で感じてもらいたい」と話している。問い合わせは同協会0235(43)3547。
おすすめニュース

文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から