国内外ニュース

斎藤工、シンガポール第二の故郷 観光大使でイベント登場

2019年06月11日 19:03
PR
 シンガポールの食の魅力を伝えるイベント「シンガポール・フーディーズ」が東京都内で開かれ、シンガポール観光大使を務める俳優の斎藤工が登場。同国を「特別な場所で第二の故郷」と表現し「2年間で6回ぐらい行っている。言葉では説明できない魅力、引力のある国」と熱い思いを語った。

 3月に公開された映画「家族のレシピ」の撮影のため、現地に約1カ月滞在した、と斎藤。エリック・クー監督らスタッフと過ごす時間が多く、地元の食に「打ちのめされた」と話した。

 斎藤は滞在中に屋台などで食べた料理を紹介。同国の名物で、骨付きの豚肉を煮込んだスープ「バクテー」のレシピを教わり、今では自分の得意料理になったと明かした。骨付き肉を皮付きのニンニクと粒こしょうで煮込むのがこつで、根菜類を加えるのが斎藤流という。

 囲み取材で「芸能人に料理を振る舞ったことは?」と聞かれ「ないですが、寒い冬の撮影現場に土鍋でバクテーの炊き出しをできたらいいですね」とにこやかに応じた。

 この日、斎藤は数種類のシンガポール料理を試食した。「僕の語彙力では魅力が伝わらない」と、料理が盛られた皿を取材陣のところまで運び、女性記者たちに勧める優しい対応を見せた。予想外の動きに会場内は一瞬どよめき、斎藤は激しいカメラのフラッシュを浴びた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から