国内外ニュース

松岡修造が音声ガイド挑戦 「新しい発見あった」

2019年06月19日 14:24
収録風景を公開した松岡修造=東京都内
収録風景を公開した松岡修造=東京都内
 元プロテニス選手の松岡修造が、江戸東京博物館(東京都墨田区)で7月6日から開催される特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」で、音声ガイドナビゲーターを務めている。収録を終えた松岡は「日本のスポーツ文化と1964年東京五輪までの歴史を知ることができ、新しい発見もあった」と語った。

 元プレーヤーだからこその微妙なニュアンスを込めたといい「声の強弱や感性で伝えるのは楽しい」とも。

 特別展は、武士が鍛錬した馬術や弓術、剣術、庶民の楽しみだった相撲など江戸時代の競技を紹介。近代以降に西洋から入ってきたスポーツの変遷にも触れ、人気種目の野球やサッカー、テニスの隆盛も振り返る。

 明治以降の近代化のあおりで大相撲も改革を迫られ、力士が外出する際に羽織や履物を身に着けるようになったという。松岡は「(当時の相撲界が)西洋の影響を受けて変わった、というのが新鮮でしたね」と話す。

 2020年東京五輪・パラリンピックで松岡が注目する競技は体操男子の団体。白井健三選手らが、個人より団体での成績にこだわりを持つところに強く引かれるという。取材経験の長い松岡でも、そこまで団体成績に重きを置く選手は今の体操以外はなく、彼らから「勝ちたい」という思いの強さも伝わってくるのだとか。

 「この1年間でどこまで、彼らが金メダルに近づいていけるのか。可能性はある」と口調に力を込めた。

 特別展は8月25日まで。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から