国内外ニュース

弥次、喜多が日本橋を案内 演劇と融合した観光ツアー

2020年02月25日 14:28
観光ツアーの道中、目の前で演じられる劇は迫力満点だ=東京都中央区
観光ツアーの道中、目の前で演じられる劇は迫力満点だ=東京都中央区
 演劇と街歩きを融合した新感覚の観光ツアーを、松竹が東京・日本橋で3月7日からスタートさせる。江戸時代の滑稽本「東海道中膝栗毛」の弥次、喜多に扮した俳優と街を巡り、ツアー客を巻き込んだ劇も繰り広げる。

 映画や演劇の世界を劇場内だけでなく街全体へ広げようという新しいエンターテインメントの試みで、名称は「日本橋シアトリカルツアー」。松竹の担当者、京井勇樹さんは「日本橋といえば週末は弥次さん、喜多さんが歩いているよね、となれば」と意気込む。

 弥次喜多コンビが江戸時代からタイムスリップしたという設定。女性ガイド役の俳優とともに、日本橋や福徳神社、江戸時代からの老舗「千疋屋総本店日本橋本店」などを約2時間かけて訪れる。

 道中、目の前で演じられる劇は迫力満点だ。俳優がアドリブで話し掛けてくることもあり、物語に入り込んだような気分を楽しめる。江戸時代の大きなにぎりずしを再現した、地元すし店の特別メニューも味わえる。

 昨年、東京・銀座で実験的に開催し、今回は1年の継続が目標。日本語のみだが、今後は訪日外国人客向けに多言語対応を考えており、人気が出れば全国各地で展開する可能性もあるという。

 ツアーは毎週末行われ、金、土曜が1日3回、日曜は1日2回開催する。料金は7800円。詳細や予約は公式ホームページで。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から