囲碁、仲邑菫初段が若鯉戦本戦へ 初の1日3勝「うれしかった」

9/14 19:04
 囲碁の第15回広島アルミ杯・若鯉戦の予選で3連勝し、本戦入りを決めた仲邑菫初段=14日、大阪市(日本棋院提供)

 囲碁の最年少プロ、仲邑菫初段(11)は14日、大阪市の日本棋院関西総本部で打たれた第15回広島アルミ杯・若鯉戦予選で大森らん初段(18)らに3連勝し、16人で争う本戦トーナメントに進出した。

 同予選の対局は早碁で行われ、1日で1回戦から決勝まで打たれる。仲邑初段が1日で3勝を挙げるのは初。仲邑初段は「今まで早碁棋戦で1日に3勝したことがなかったので勝ててうれしかった。本戦も思い切って頑張ります」と話した。

 女性棋士の本戦への進出枠は4で、仲邑初段の他には上野愛咲美女流本因坊(18)、藤沢里菜女流立葵杯(21)が本戦進出を決めている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 囲碁の第15回広島アルミ杯・若鯉戦の予選で3連勝し、本戦入りを決めた仲邑菫初段=14日、大阪市(日本棋院提供)
 仲邑菫初段
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]