NHKの取材メモ、ネットに流出 30代派遣スタッフが認める

12/1 21:46
 取材に関する情報が流出し、記者会見で謝罪するNHK幹部ら=1日夜、東京都渋谷区のNHK放送センター

 NHKは1日、記者が作成したインタビューの取材メモなどがネット上に流出したと発表した。子会社が契約する30代の派遣スタッフが、流出させたことを認めたという。

 派遣スタッフは、テロップや字幕の制作などに携わっており、局内の端末に登録された企画案や取材メモを閲覧できる立場だった。端末から印刷して外部に持ち出したという。NHKの内部調査に「興味本位でやった。大変なことをしてしまい申し訳ない」と話しているという。

 流出した文書は、一般社団法人「Colabo(コラボ)」がネット上で誹謗中傷を受けた問題を取り上げる旨の企画概要のほか、実際に中傷に加わった取材対象者へのインタビューの文字起こしなど。「放送希望」として「12月1日 『首都圏ネットワーク』で5分程度」との記載もあった。

 NHKによると、派遣スタッフは、取材対象者が中傷に加わったきっかけとして挙げていたX(旧ツイッター)のアカウントに、情報を流したと説明。このアカウントの持ち主が「放送されるかもしれないとタレコミがありました」と投稿した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 取材に関する情報が流出し、記者会見で謝罪するNHK幹部ら=1日夜、東京都渋谷区のNHK放送センター
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]