NY株、一時300ドル超安 米失業保険申請が高止まり

9/17 22:44

 【ニューヨーク共同】17日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反落して始まり、前日からの下げ幅が一時300ドルを超えた。新型コロナウイルス感染拡大による米失業保険申請件数の高止まりが嫌気され、売りが先行した。

 米政府による追加経済対策を巡る与野党協議が難航していることもあり、景気回復が遅れるとの懸念が根強い。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]