快や不快の感情分析システム開発 島津製作所、共同研究呼び掛け

10/1 19:11
 表情筋の電気信号などを計測する島津製作所の機器を装着した社員=京都市

 島津製作所は1日、顔面の筋肉などの計測データを基に、快や不快といった感情を分析するシステム「ヒューム」の試用版を開発したと発表した。これまで各機器でばらばらに計測し、統合に手間取っていた生理的な信号や画像データを一つのソフトウエアで解析できるのが特長という。社外へ提供し、共同研究を呼び掛ける。

 解析にはソフトに加え、眉や頬の表情筋を動かす電気信号を測定する機器と、心臓の電気信号を計測する機器を使う。わずかな表情の変化を読み取り、快と不快の度合いを数値化する。

 他社製品が測定した脳波などのデータも取り扱える。共同研究を進め、快と不快以外の感情解析を目指す。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 表情筋の電気信号などを計測する島津製作所の機器を装着した社員=京都市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]