東証反発、終値72円高 米株高が追い風

10/21 16:48
 世界各国の株価上昇を表示する、証券会社のボード=21日、東京都内(AP=共同)

 21日の東京株式市場は日米の景気回復を見込んだ買い注文が入り、日経平均株価(225種)は反発した。終値は前日比72円42銭高の2万3639円46銭。東京証券取引所第1部の売買代金は約1兆8700億円で取引規模は低調だった。活況の目安の2兆円に8営業日続けて届かなかった。

 朝方から買いが優勢だった。新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた米景気を支える追加経済対策の早期策定に期待が高まった。20日の米株式市場が上昇し、追い風となった。平均株価は一時130円超上昇した。

 観光需要を高める政策運営が続くとの観測が広がり、鉄道や航空会社の銘柄が買われた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 世界各国の株価上昇を表示する、証券会社のボード=21日、東京都内(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]