JR東海、初の一時帰休を実施 コロナで業務減少、400人規模

1/15 12:39
 JR東海本社が入るビル=名古屋市

 JR東海は15日、新型コロナウイルス感染拡大で業務が減っていることや感染拡大防止の観点から、1日当たり約400人規模の一時帰休を25日から2月28日まで実施すると発表した。JR東海が大規模な一時帰休を実施するのは、会社発足以来、初めて。

 対象は駅や、車両の保守・検査をする車両所、運転手や車掌の拠点、工場などで勤務する社員計約9500人で、入れ替わりで休む。15日に労働組合に提案した。3月以降については「社会情勢を見極めながら必要によって検討する」としている。

 JR東海は、1月18日〜2月28日の東海道新幹線の臨時列車1546本を全て運休するなどしている。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 JR東海本社が入るビル=名古屋市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]