東証、午前終値は2万6863円 利益確定売りで反落

5/24 11:51
 東証

 24日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。前日まで2営業日連続で上昇した反動で、当面の利益を確定する売り注文が優勢だった。前日の米国株式市場の大幅続伸を好感し、取引開始直後は小幅に値上がりする場面もあった。

 午前終値は前日終値比138円19銭安の2万6863円33銭。東証株価指数(TOPIX)は9・10ポイント安の1885・47。

 前日の米国市場は、バイデン大統領が中国製品への制裁関税引き下げを検討していると表明したことなどが材料視されて大幅続伸。24日の東京市場では情報通信やサービス業の銘柄が売られる一方で、金融株の上昇が目立った。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 東証
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]