韓国利上げ、1・75%に 2カ月連続、インフレ抑制

5/26 12:04

 【ソウル共同】韓国銀行(中央銀行)は26日、金融通貨委員会を開き、政策金利を0・25%引き上げ、年1・75%とすることを決めた。物価高騰を抑制するのが狙い。2カ月連続で利上げとなったのは、14年9カ月ぶり。

 韓銀は、ウクライナ危機や中国の都市封鎖などの影響で世界経済の回復が鈍っている中で、インフレ圧力が持続していると分析。政策金利は昨年8月以降、約9カ月間で1・25%上昇した。

 4月の消費者物価指数の上昇率はエネルギー価格の上昇などから前年同月比4・8%となった。13年6カ月ぶりの高水準で、韓銀は今後も5%台の上昇がしばらく続くとの見通しを示した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]