東証続伸、一時600円超上昇 約1カ月ぶり高値

5/30 13:47

 週明け30日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸した。米国で物価指標の伸び率が鈍化し、インフレ加速への懸念が後退。前週末27日の米国株式市場のダウ工業株30種平均は6営業日続伸し、東京市場もこの流れを引き継いだ。前週末終値からの上げ幅は一時600円を超え、約1カ月ぶりの高値を付けた。

 午後1時現在は前週末終値比534円99銭高の2万7316円67銭。東証株価指数(TOPIX)は33・25ポイント高の1920・55。

 コロナ対策で都市封鎖を続ける中国・上海市が29日に、6月1日から企業の操業再開を全面的に進めると発表したことも好感された。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]