タマネギの価格、平年の2倍 天候不順で不作、高値続く

5/30 15:09
 スーパーの売り場に並ぶタマネギ(奥)。価格が高騰している=26日、東京都練馬区のアキダイ関町本店

 カレー、ハンバーグ、肉じゃが―。そんな毎日の献立の材料として欠かせないタマネギの価格が高騰している。天候不順の影響で主要産地の北海道が不作となったことなどが背景にある。足元の小売価格は平年の2倍程度で高止まりしており、食卓への影響はしばらく続きそうだ。

 「価格がここまで上がるのは異常だ」。東京都練馬区のスーパー「アキダイ関町本店」などを経営する秋葉弘道社長は嘆く。仕入れ価格上昇のあおりを受け、例年は4個入り158円(税抜き)の新タマネギを、26日は3個入り298円(同)で販売。4月には上昇分を価格転嫁できず、数万円の損を出した週もあったという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 スーパーの売り場に並ぶタマネギ(奥)。価格が高騰している=26日、東京都練馬区のアキダイ関町本店
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]