交通系マネー利用、1千万件突破 1日当たり、買い物決済など

7/1 18:51

 JR東日本などは1日、交通系電子マネーを買い物などで利用した件数が先月下旬、初めて1日当たり1千万件を突破したと発表した。新型コロナウイルス禍に伴うキャッシュレス決済の普及で、需要がいっそう高まったとしている。

 JR東によると、同社の「Suica(スイカ)」や、大手私鉄の「PASMO(パスモ)」といった9種類の電子マネーによる買い物決済などの件数が、6月24日に約1003万件を記録した。鉄道の利用は含めていない。

 交通系電子マネーを巡っては、1日の利用件数が2008年に100万件を超え、年々増加している。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]