パナ、2万件超で法令違反 工事資格者不配置問題で

9/29 18:09

 パナソニックホールディングス傘下のパナソニックコンシューマーマーケティング(PCM、大阪市)は29日、エアコンなどの設置工事の際に法が定めた資格保有者の現場配置を怠っていた問題を巡り、2万2821件の建設業法違反があったと発表した。社外の専門家で構成する外部調査委員会が究明を進め、報告書をまとめた。

 PCMは、全国各地の家電専門店を通じてエアコンやテレビの受信用アンテナなどの設置工事を手がけている。建設業の許可を取得しており、工事の際は建設業法に基づき主任技術者を配置する義務があった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]