ベンツが最上級EVを発表 航続距離最長の700キロ

9/29 18:42
 メルセデス・ベンツ日本が発表した電気自動車「EQS」=29日午後、東京都港区

 メルセデス・ベンツ日本(東京)は29日、新型の電気自動車(EV)「EQS」を発表した。ベンツが国内で投入している中で最上級のEVとなり、一部モデルは29日から発売する。1回の充電で走行できる航続距離は700キロと、他社を含め国内で展開するEVの中で最も長いという。

 EQSは全長約5・2m、全幅約1・9mで、初のEV専用プラットフォーム(車台)を採用した。日本仕様として、家庭に電気を供給できる給電機能を搭載し、停電時の予備電源としても利用できる。希望小売価格は1578万円から。

 セダン「EQE」の発売も発表し、国内で販売するベンツのEVは計5車種となる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 メルセデス・ベンツ日本が発表した電気自動車「EQS」=29日午後、東京都港区
 メルセデス・ベンツ日本が発表した電気自動車「EQS」=29日午後、東京都港区
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]