日本のデジタル競争力、32位 過去最低、技術低評価

12/7 15:56

 スイスの国際経営開発研究所(IMD)がこのほど発表した2023年の「世界デジタル競争力ランキング」で、日本は技術面の評価低下などが響き、32位と前年より三つ順位を下げた。シンガポール、韓国など他のアジア勢との差が拡大し、17年の調査開始以降、最低の順位だった。

 調査対象は世界の主な64カ国・地域。デジタル分野の「知識」「技術」「将来への備え」の三つの観点から54項目を採点、集計した。米国が前年から順位を一つ上げ、2年ぶりに世界首位を奪還した。2位はオランダ、3位はシンガポール。

 アジアでは韓国6位、台湾9位、香港10位と、トップ10に4カ国・地域が入った。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]