リニア、名古屋以西でアセス開始 中央新幹線のルート選定

12/7 18:17
 記者会見するJR東海の丹羽俊介社長=7日午後、大阪市

 JR東海の丹羽俊介社長は7日、大阪市内で記者会見し、リニア中央新幹線の名古屋以西のルート選定に必要な環境影響評価(アセスメント)の作業に着手したと明らかにした。5日から奈良県、6日から三重県でボーリング調査を開始した。

 アセスを進めるには、計画段階環境配慮書の作成が必要とされている。今回のボーリング調査は、配慮書の作成に当たって重要なルートや新駅位置の概略を検討するために始めた。

 JR東海によると、配慮書作成に向けて、文献調査などの準備作業を進めてきた。ルート選定に必要なボーリング調査開始について、丹羽氏は会見で「これまでとはフェーズが変わった」と強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 記者会見するJR東海の丹羽俊介社長=7日午後、大阪市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]