10〜12月期はプラス成長に 民間予測、個人消費回復で

12/8 18:34

 民間シンクタンクや証券会社各社は8日、2023年7〜9月期の実質国内総生産(GDP)改定値が公表されたのに伴い、同年10〜12月期の予測を発表した。各社とも、4四半期ぶりのマイナス成長となった7〜9月期から一転、個人消費の持ち直しなどからプラス成長に転じるとした。

 BNPパリバ証券は前期比年率1・6%増になると予測した。今後の見通しに関し、企業の賃上げが見込まれることなどから「個人消費は何とか腰折れを免れる」などと指摘した。

 SMBC日興証券は設備投資などが回復し、1・2%増になると見込んだ。第一生命経済研究所は1・4%増になるとの見通しを示した。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]