「農泊」利用、コロナ前に回復 610万人、国内観光客が伸び

12/9 16:17
 秋田県仙北市の宿泊施設「農家の宿 星雪館」(秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会提供)

 農山漁村を訪れて観光や農業体験などを楽しむ「農泊」の宿泊者数が、新型コロナウイルス禍の落ち込みから回復した。農林水産省が先月まとめた集計で、2022年度は610万8千人と19年度の589万2千人を上回った。23年度は新型コロナの行動制限解除により、さらに増加が見込まれる。25年度までに700万人に引き上げる政府目標の達成には、インバウンド(訪日客)の取り込みが鍵を握りそうだ。

 農泊の宿泊者数は20年度に390万6千人へと急減し、21年度も448万3千人にとどまったが、22年度は国内観光客の利用が大きく伸びた。

 ただ訪日客による宿泊は22年度が15万4千人で、19年度の37万6千人に届いていない。政府は農泊目標700万人のうち、1割に当たる70万人は訪日客による利用を見込む。訪日客自体は政府観光局の推計で今年10月に251万6500人と、新型コロナの感染拡大後で初めて19年の実績を上回る水準となっており、農山漁村に呼び込む仕掛け作りが課題となる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 秋田県仙北市の宿泊施設「農家の宿 星雪館」(秋田花まるっグリーン・ツーリズム推進協議会提供)
 秋田県仙北市の「農家の宿 星雪館」で料理を楽しむ訪日客
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]