国内外ニュース

「途上国支援に最新技術」 万博誘致へ2回目プレゼン

2017年11月16日 00:30
万博誘致のプレゼンテーションをする日本ポリグルの藤田千恵子さん=15日、パリ(共同)
万博誘致のプレゼンテーションをする日本ポリグルの藤田千恵子さん=15日、パリ(共同)
 【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)誘致を目指す日本など4カ国による2回目のプレゼンテーションが15日、パリの博覧会国際事務局(BIE)の総会で行われた。日本が最初で、大阪市を開催地とし「いのち輝く未来社会のデザイン」を掲げる計画を説明、最新技術が発展途上国の支援に役立っている例を紹介した。

 日本のプレゼンでは、納豆に含まれる成分を使った安価な水質浄化装置を開発した日本ポリグル(大阪市)で海外での広報を担当する藤田千恵子さんが「技術の成果を分かち合うことが必要。25年万博は誰もが技術を共有する場だ」と訴えた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から