国内外ニュース

子どもシェルターが閉鎖や停止 資金難や人手不足で

2019年03月24日 02:03
 虐待を受けるなど家庭に居場所のない少年少女の緊急避難先として、16都道府県に設置された民間の「子どもシェルター」17施設のうち、3施設が資金難や人手不足により閉鎖したか、受け入れを停止中であることが23日までの共同通信のまとめで分かった。他に3施設が過去に受け入れを停止したことがあった。2004年に最初のシェルターが東京に開設されて以降、弁護士が中心となり各地で設立が進むが、多くが厳しい運営を迫られており支援拡充が求められている。

 子どもシェルターは、児童相談所から委託があったり、相談窓口に助けを求めてきたりした10代後半の若者を保護し衣食住を無料で提供している。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2019年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2019年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から