国内最高齢のラッコ死ぬ 石川の水族館、推定25歳

9/13 15:14
 「のとじま水族館」で飼育されていた雌のラッコ「ラスカ」=石川県七尾市(同水族館提供)

 石川県七尾市の「のとじま水族館」は13日、飼育していた雌のラッコ「ラスカ」が12日に死んだと明らかにした。国内最高齢の25歳と推定され、人間では約100歳に相当する。死因は老衰。昨年冬ごろから食欲がなくなっていた。

 同水族館によると、ラスカは米アラスカ州で捕獲され、1998年10月に来日、99年から同水族館のラッコ館で飼育展示されていた。えさを食べる際のしぐさが人気で、来館者に親しまれていた。

 今月27日までラッコ館に献花台を設置し、記録写真を展示する。

 国内最高齢のラッコは、神戸市の須磨海浜水族園にいる22歳の雄の「ラッキー」になるとみられるという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「のとじま水族館」で飼育されていた雌のラッコ「ラスカ」=石川県七尾市(同水族館提供)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]