20年訪日客、過去最大87%減 コロナ影響、411万人

1/20 18:55

 観光庁が20日発表した推計によると、2020年の訪日客は前年比87・1%減の411万5900人だった。年間の訪日客数が減少したのは東日本大震災があった11年以来、9年ぶり。減少率は1964年の統計開始以降で最大だった。新型コロナウイルス感染症の世界的流行に伴う各国の渡航制限、日本の水際対策が影響し、年間客数は98年の水準に後退した。

 新型コロナ変異種が各国で広がりを見せる中、訪日客回復には時間がかかるとみられ、地域経済が受けるダメージは深まりそうだ。日本人出国者数は317万4200人で、減少率は過去最大の84・2%だった。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]