大学生、仕送り・バイト減 コロナ影響、20年度調査

9/30 19:41

 2020年度の大学生(夜間部を除く)の年間平均収入額は192万7600円で、18年度の前回調査から7万3700円減ったことが30日、日本学生支援機構の調査で分かった。アルバイト収入や仕送りが大幅に減少しており、機構は「新型コロナウイルス感染拡大の影響で、バイト先が休業し、家庭の経済状況も厳しくなっているのではないか」としている。

 調査は全国の国公私立の大学生、短大生、大学院生から抽出して隔年で実施。そのうち速報値として、大学生約1万8千人の回答を集計して公表した。

 収入の内訳は、仕送りなど家庭からの給付が5万1900円減、アルバイトが3万5千円減。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]