シドニー「光の祭典」復活 コロナ規制撤廃、3年ぶり

5/27 17:39
 光の祭典「ビビッド・シドニー」で屋根に映像が投影されたオペラハウス=27日、オーストラリア・シドニー(共同)

 【シドニー共同】オーストラリアの最大都市シドニーで27日夜、オペラハウスやハーバーブリッジといった観光名所がライトアップされ、南半球の冬の街を彩る光の祭典「ビビッド・シドニー」が始まった。新型コロナ流行後は開催が見送られ、3年ぶりの復活。政府や産業界は、外国人観光客も本格的に誘致したい考えだ。

 オーストラリアは感染対策のため、2020年3月に出入国を原則禁止したが、段階的に制限を緩和。今年2月からワクチン接種を条件に、入国制限がなくなった。シドニーでは空港や公共交通機関などを除きマスク着用は不要となった。

 ビビッド・シドニーは6月18日まで開催される。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 光の祭典「ビビッド・シドニー」で屋根に映像が投影されたオペラハウス=27日、オーストラリア・シドニー(共同)
 光の祭典「ビビッド・シドニー」でライトアップされたオペラハウスをフェリーから楽しむ人々=27日、オーストラリア・シドニー(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]