博多山笠に神様招き入れ 櫛田神社、「街を元気に」

6/30 19:33
 福岡市博多区の櫛田神社で行われた飾り山笠の「御神入れ」=30日午後

 福岡の夏を彩る伝統行事「博多祇園山笠」の飾り山笠に神様を招き入れる神事「御神入れ」が30日、福岡市博多区の櫛田神社で行われた。7月1日からの一般公開を前にして、振興会の武田忠也会長は「街に元気を届けたい」と語った。

 櫛田神社の飾り山笠は戯曲「義経千本桜」がテーマ。源平合戦後、追われる身となった源義経に忠義を尽くす家臣佐藤忠信の誠実な姿を表現した。櫛田神社のほかにも、テーマの異なる計12基の飾り山笠が展示される。

 博多祇園山笠は、7月15日早朝に「追い山」でクライマックスを迎える。追い山は新型コロナウイルスの影響で中止が続いたが、今年は3年ぶりに行われる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 福岡市博多区の櫛田神社で行われた飾り山笠の「御神入れ」=30日午後
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]