京都大が留学奨学金創設 安藤忠雄氏の寄付原資

8/12 18:23

 京都大は12日、建築家の安藤忠雄氏からの寄付3千万円を原資に、海外留学する学生を対象にした返済不要の奨学金制度を始めると発表した。新型コロナウイルスの影響で海外渡航に制限がかかる中、担当者は「積極的に留学に挑戦してもらいたい」と話した。

 京大によると、新制度は「京都大学安藤忠雄国際奨学金」。海外に154ある京大の学生交流協定校に留学する学生に最長1年間で150万円を給付する。毎年2人選び、10年で学生20人の留学を支援する。12日に募集を始めた。

 渡航前に安藤氏が学生と面談し、直接激励するという。

記事・写真などの無断転載を禁じます
[PR]
[PR]