熊野本宮大社で迎春準備 大しめ縄と大絵馬かけ替え

12/1 14:35
 迎春準備として、かけ替えられた熊野本宮大社の神門の大しめ縄と大絵馬=1日午前、和歌山県田辺市

 和歌山県田辺市の世界遺産・熊野本宮大社で1日、迎春準備として、神門の大しめ縄(長さ約4・5メートル)がかけ替えられ、縄の上に来年の干支の「卯」の大絵馬が飾られた。九鬼家隆宮司(66)は「力強く重厚感のある大しめ縄だ。来年こそ新型コロナウイルスが収まり、前進の年になればと願っている」と話した。

 大しめ縄は三重県紀宝町の農業榎本政子さん(89)が毎年奉納しており、今年で39回目という。家族や友人らと1カ月ほどかけて編んだ。

 かけ替え作業を見守った榎本さんは「ここは外国からも大勢の人が訪れる。争いのない平和な世界になるように願いを込めて編んだ」と笑顔を見せた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 迎春準備として、かけ替えられた熊野本宮大社の神門の大しめ縄と大絵馬=1日午前、和歌山県田辺市
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]