ダウン症のモデル、パリコレ出演 菜桜さん、豪華ドレスで夢の舞台

3/3 08:39
 2日、パリ・コレクションにゲスト出演した菜桜さん=パリ(共同)

 【パリ共同】ダウン症のあるモデルとして活躍する菜桜さん(19)=本名・斉藤菜桜、静岡県富士市=が2日、世界のファッショントレンドをリードするパリ・コレクションにゲスト出演した。着物の風合いを生かした豪華なドレスで登場。夢の舞台に立ち、満面の笑みを浮かべた。

 菜桜さんはデザイナーのサミーナ・ムガールさんのショーに出演。賛美歌「アメージング・グレース」をバックに、多くの観客らの前で堂々と歩いた。ショーの後「楽しかった。緊張した。今度は米国のファッションショーに出たい」と次の夢を語った。

 ダウン症の人は筋力が弱く、まっすぐな姿勢を保って歩くことが難しい面がある。菜桜さんはウオーキングレッスンや自宅の廊下での練習を重ねてきた。母親の由美さん(53)は、ショーでの晴れ姿に感極まって号泣。「かなわない夢だと思っていた。こんな日が来るとは」と喜んだ。

 衣装を制作した貸衣装店「みやび」(北九州市)の店主、池田雅さん(52)は「菜桜ちゃんらしくて、とてもかわいかった。いい衣装ができてうれしい」と話した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2日、パリ・コレクションにゲスト出演した菜桜さん=パリ(共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]