文化庁、100年フードに50件 石狩鍋やカキの土手鍋認定

3/5 16:11
 「100年フード」に認定された石狩鍋

 文化庁は5日、地域に根付く食文化をPRする「100年フード」に石狩鍋(北海道)やカキの土手鍋(広島県)など26都道県の50件を認定した。郷土料理やB級グルメが対象で認定は3回目。

 江戸時代以前から伝わる「伝統」部門ではカキの土手鍋のほか、いぶりがっこ(秋田県)や薩摩焼酎(鹿児島県)など31件を認定した。明治・大正から続く「近代」はみそ煮込みうどん(愛知県)など5件。昭和以降に誕生し今後100年の継承を目指す「未来」は石狩鍋や黒石つゆ焼きそば(青森県)など14件を選んだ。

 観光振興やまちづくりに活用するモデルとして石狩鍋やいぶりがっこ、土佐宗田節(高知県)など5件は特別賞にも選ばれた。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 「100年フード」に認定された石狩鍋
 「100年フード」に認定されたカキの土手鍋
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]
[PR]