国内外ニュース

与野党、終盤へ対決激化 幹部投入し追い込み

2017年10月18日 22:01
街頭演説に集まった聴衆=18日午後、埼玉県上尾市(政党名など画像の一部を加工しています)
街頭演説に集まった聴衆=18日午後、埼玉県上尾市(政党名など画像の一部を加工しています)
 与野党は18日、与党優位とされる衆院選情勢を受け、激戦区を中心に幹部を投入して終盤へ追い込みを掛けた。安倍晋三首相(自民党総裁)と希望の党の小池百合子代表は埼玉県入りして対決。首相は同党に合流した民進党出身者を念頭に「当選したいばかりに政党を替わる。信頼できる政治家を選ぶ選挙だ」と批判した。小池氏は加計学園問題を踏まえ「お友達と共に進める政治」からの決別を訴えた。立憲民主党の枝野幸男代表は与党候補と争う無所属候補の支援に全力を挙げた。

 首相は埼玉県川越市などで街頭演説し「厳しい選挙の中、誠実に政策を訴える」と強調。野党時代の自民党を振り返り「私たちは党名を変えようとは思わなかった」とアピールした。

 小池氏はさいたま市などで「安倍1強政治を許すまじ」と力説。「女性活躍だ、1億総活躍だと言葉ばかりが躍っていては駄目だ。子どもが、昨日よりも明日が良いと信じられる日本をつくる」と語った。

 公明党の山口那津男代表は横浜市で、立憲民主党と共産党の連携に触れ「共産は自衛隊を違憲とし、立憲民主は(存在を)認めている。政策が正反対で、国民を欺くものだ」と非難した。

 共産党の志位和夫委員長は北九州市で、森友学園、加計学園の問題を巡り「国民の疑惑は晴れない。問題の徹底究明に力を尽くす」と述べた。

 枝野氏は与党候補の当選を阻むため、自らの党にこだわらず当選可能性がある候補を支援する「戦略的投票」を掲げる。新潟5区の無所属候補応援のため、新潟県長岡市に入り「『首相はいいかげんにしろ』という結果を出そう」と唱えた。

 日本維新の会の松井一郎代表は大阪市で、国会議員の報酬に関し「優遇、厚遇をやめよう。大阪府議は民間の感覚で見直した」として、削減の必要性を主張。社民党の吉田忠智党首は宮崎市で、日本のこころの中野正志代表は東京都内でそれぞれ支持を呼び掛けた。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

週1回配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2017年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2017年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から