国内外ニュース

国内反ドーピングで新組織 東京五輪へ独立機構で検査強化

2018年11月14日 02:05
 2020年東京五輪に向けて国内の反ドーピング体制を国際基準に合わせて強化するため、競技団体から独立して検査の方針などを立案する新組織「日本スポーツフェアネス推進機構」が設立されることが13日、分かった。複数の関係者が明らかにした。各競技団体や大会主催者が検査計画を立てていた従来の体制から大幅な刷新となる。

 19年度からのスタートを目指す新組織は審議会を設置し、どの競技でどれだけの規模の検査が必要かなどの指針を策定。日本アンチ・ドーピング機構に検査を依頼する。必要な資金確保も一元的に担う予定。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内7市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2018年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2018年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報、おくやみ… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から