国内外ニュース

宣言に「最小限」「軽い」と仏紙 経済的理由で抵抗と報道

2020年04月07日 20:29
PR
 【パリ共同】日本の緊急事態宣言に関し、厳しい外出制限を適用するフランスの新聞は7日付の紙面で「最小限の『緊急事態』」「軽い外出制限」と報道、経済的理由から日本政府は宣言の適用に抵抗してきたとも伝えた。

 フィガロ紙は「本当のところ『緊急事態』という表現は錯覚させる。本質ではなく程度の変化だ」と指摘。「フランスのようなロックダウン(都市封鎖)はできない」と安倍晋三首相が国会で発言したことにも触れた。レゼコー紙は「少なくとも法的には個人の自由を尊重する伝統から外出禁止を強制できない」と伝えた。

 リベラシオン紙は「安倍氏はためらい、決めた」との見出しで報道した。
文字サイズ変更
  • 小
  • 中
  • 大

県内8市発行メールマガジン登録無料

ふるさとだより

毎週木、金曜日配信中!

ニュース特集

スポーツ

教育・子育て

おでかけ

暮らし情報

twitter発信中

山形新聞からお知らせ

  1. 【2020年8大事業】
     山形新聞、山形放送の2020年の8大事業が決まりました。詳しくは、こちらから
  2. 【やましん公式FB】
     山形新聞社は、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」の公式ページを新設しました。
     公式ページでは山形新聞のニュースのほか、本社からのお知らせなどを中心に紹介します。
     アドレスは、こちらから
  3. 【やましんe聞で動画視聴】
     読者限定の電子版「やましんe聞」で動画を閲覧できる新サービスを始めました。詳しくは、こちらから。
  4. ◆中学、高校の各種スポーツ大会の記録を紹介。検索機能も備えています。アクセス方法はこちら
  5. ◆探したい記事がきっと見つかる、山形新聞記事データベース。他社DB横断検索が便利な日経テレコンジー・サーチファクティバ
  6. ◆県外でも今日の朝刊が朝一で読める「お届け電子版
  7. ◆ニュース速報、高校野球、モンテ情報… 身近な情報を携帯で確認「モバイルやましん
  8. ◆故郷の話題をメールでお届け、ふるさとメール会員募集(登録無料)
山形新聞から
販売から