政府の震災追悼式、両陛下初出席 2年ぶり開催、発生時刻に黙とう

3/2 13:59
 2019年3月11日、東京都千代田区の国立劇場で行われた政府主催の東日本大震災追悼式

 政府は2日の閣議で、東日本大震災から10年となる11日午後、東京都千代田区の国立劇場で追悼式を開くと決定した。天皇、皇后両陛下が出席し、天皇陛下がお言葉を述べられる。陛下の出席は皇太子時代を含めて初。政府追悼式は震災翌年の2012年から毎年開催してきたが、昨年は新型コロナウイルスの影響で中止され、2年ぶりとなる。菅義偉首相や衆参両院の議長らも参加し、発生時刻の午後2時46分に黙とうする。

 菅首相は2日、追悼式を前に談話を発表した。「いまだ被災地の方々がさまざまな課題に直面している現実を心に刻み、復興に全力で取り組む」と決意を表明した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 2019年3月11日、東京都千代田区の国立劇場で行われた政府主催の東日本大震災追悼式
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]