トリケラトプスに8億円超 パリで世界最大級の化石落札

10/22 12:30
 21日、パリで競売に掛けられたトリケラトプスの世界最大級の化石(AP=共同)

 【パリ共同】トリケラトプスの世界最大級の化石が21日、パリで競売に掛けられ、米国の個人収集家が約660万ユーロ(約8億7千万円)で落札した。ロイター通信などが伝えた。

 6600万年前の化石で、頭骨だけでも長さ2・6メートルを超え、全長は7メートル超。2014年に米中西部サウスダコタ州で見つかった。発掘された土地の所有者の名前にちなみ「ビッグ・ジョン」の愛称で知られる。

 専門家によると、骨格の状態は良好で、落札額は当初想定されていた120万〜150万ユーロを大きく上回った。落札者の氏名は明らかにされていないが、大喜びしているという。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 21日、パリで競売に掛けられたトリケラトプスの世界最大級の化石(AP=共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]