ビオンテック、変異株対応に自信 CEO、100日以内に販売可能

12/4 09:25
 ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(同社提供・共同)

 【ベルリン共同】ドイツのバイオ企業ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(CEO)は3日、米ファイザーと共同開発した新型コロナウイルスのワクチンについて、比較的短期間で新変異株オミクロン株に対応した形に改良できると自信を示した。ロイター通信が伝えた。改良作業に着手済みで、100日以内に販売が可能という。

 シャヒン氏は今後数週間でワクチン改良の緊急性が明らかになるだろうとも語った。

 ワクチンを接種した人でもオミクロン株に感染する恐れがあると指摘。その上で、現在のワクチンで重症化が防げる可能性が極めて高いと述べ、接種を続けるべきだと強調した。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 ビオンテックのシャヒン最高経営責任者(同社提供・共同)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]