新大関・御嶽海が誕生 「感謝を大切に」と口上

1/26 10:41
 御嶽海

 日本相撲協会は26日、東京都墨田区の両国国技館で大相撲春場所(3月13日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付編成会議と臨時理事会を開き、東関脇御嶽海(29)=本名大道久司、長野県出身、出羽海部屋=の大関昇進を正式に決めた。

 協会は使者として春日野理事(元関脇栃乃和歌)と大鳴戸審判委員(元大関出島)を出羽海部屋に派遣。御嶽海は伝達式で「大関の地位を汚さぬよう、感謝の気持ちを大切にし、自分の持ち味を生かし、相撲道にまい進してまいります」と口上を述べた。

 協会によると、長野県出身力士の大関誕生は江戸時代の1795(寛政7)年、雷電以来で227年ぶりとなる。

記事・写真などの無断転載を禁じます

関連写真

 御嶽海
 大関昇進の伝達を受け、口上を述べる御嶽海(中央)=26日午前、東京都墨田区の出羽海部屋(代表撮影)
 大関昇進の伝達を受け、笑顔の御嶽海=26日午前、東京都墨田区の出羽海部屋(代表撮影)
写真・画像の無断転載を禁じます。
[PR]
[PR]